ブログ|中延の歯科・歯医者なら荏原中延ファミリー歯科

  • 電話
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 舌ガンの早期発見について

    2019年3月2日

    先日、堀ちえみさんが公表し、話題になっている舌癌について今回はお話させていただきます。

    舌癌は早期発見と予防が大切です。
    まず、早期発見についてですが。
    早期に舌癌と口内炎を見分けるのは、一般歯科の歯医者さんではなかなか難しいというのが現状です。何故なら、症例数が少なく、舌癌を見慣れていない歯医者さんが大多数だからです。
    しかし、歯医者さんの中でも舌癌を含む口腔癌を専門分野として扱う者がいます。それは口腔外科専門の歯科医師です。彼らは、日頃、舌癌を含む口腔癌の診査診断をし、手術など治療まで行います。
    つまり、なかなか長期(2週間程度)で治らない口内炎がある、舌にしこりや、赤や白に変色した部分があるなどといった症状や違和感を感じる場合は、口腔外科専門の歯科医師に診察してもらう事が、舌癌の早期発見へと繋がります。
    ちなみに、当院には口腔外科専門の歯科医師が2名、非常勤で勤務しております。ご予約の際に、口腔外科の先生の診察希望の旨を伝えていただければ、専門の診察を受ける事が可能です。

    次に予防に関してですが、これは一般の歯科医院に定期的に通う事で可能な場合もあります。
    舌癌になる原因の中の1つには、舌への機械的刺激というものがあります。これは、歯の被せ物、詰め物、入れ歯などが長期にわたり、口腔内の同じ箇所に当たっていて、その部分に傷ができ、その傷が癌化の原因になる場合があるというものです。
    これを防ぐためには、定期的(3カ月〜半年)に一般の歯科医師による口腔内のチェック、メインテナンスが必要であるといえます。

    これから少しでも、口腔癌で苦しむ患者さんが少なくなるよう、今後も貢献していけたらと思います。

    ボヘミアンラプソディー

    2019年1月27日

    ボヘミアンラプソディー、観て来ました!

    実はクイーンは、数曲程度ぐらいしか知らなくて、どっちかというと、ボン・ジョビ、エアロスミス、ガンズアンドローゼス、マイケルジャクソンをよく、聴いてました。

    そんな状況で、観に行ったわけですが、、最後まで釘づけでした。
    もしもあの当時、AIDSの治療法が進んでいれば、、そう思うぐらい稀有なアーティスト、フレディマーキュリーを失ってしまったなと。もし仮にAIDSじゃなければ、もっとたくさんの名曲が聴けたかなって思いました。
    悔やまれます。

    最後のライブシーンは圧倒的で、涙腺緩みました。クイーンの曲が好きになり、他の曲も聴きたくなってCDも買いました。

    個人的な意見ですが、DVDで借りて観るよりかは、映画館で見るべきだと思います。上映されている間にまた見に行きたい、そう思う映画でした。

    C1A96331-D1CB-495B-B1AA-9B9DC0635AAC

    口腔ケアでインフルエンザ予防!

    2019年1月16日

    インフルエンザが今流行の真っ只中です。

    インフルエンザ流行シーズンには、インフルエンザワクチンを接種したうえで、「手洗い」「うがいの徹底」や「マスクの着用」が予防によいとされています。マスク着用は、ウイルスを他の人にうつす可能性を減らすことができます。ご家族や周囲の人々にうつさないようにするためにも、しっかり予防を心がけたいものです。
    もう1つ、日ごろから気をつけたいのは、お口や歯を清潔に保つことです。インフルエンザを予防するうえで歯みがきや口腔ケアに努めることが重要だという研究結果も示されています。

    実際、東京歯科大学名誉教授の奥田克爾氏らの研究では歯科衛生士による口腔ケアを受けた人のインフルエンザの発症率が、10分の1になったとの報告があります。

    「歯磨き・口腔ケア」が予防効果を高めることって、あまり周知されていませんが、日頃より口腔ケアに努め、口腔内を清潔に保ち、インフルエンザを予防しましょう。

    TCH(上下歯列接触癖)について③

    2019年1月9日

    前回は、症状や見た目についてお話ししました。

     

    今日はTCHについて最終話になります。
    さてTCHは、どう治すか。というよりどう改善するか。
    TCHの改善にはまず
    「上下の歯列が接触している」ことを意識し、
    1 .弱い力のうちに気付く
    2 .接触したとしても早めに気付く
    3 .気付く回数を増やす
    できるところから、少しずつ始めていくのが重要です。

    このことから、「肩こりが減った」「頭痛がなくなった」など口以外の
    変化にも繋がることがあります。

    是非、このような症状をお持ちのかたは、TCH(上下歯列接触癖)を改善するために意識的な行動をこころがけましょう。

    TCH(上下歯列接触癖)について②

    2018年12月30日

    では、TCHによって、どんなことが起きるか。
    TCHが口腔に及ぼす影響はというと
    ・持続的な力による咬合違和感
    被せ物の脱離を引き起こす可能性
    ・歯の亀裂や破折
    ・歯の根元のすり減り
    ・歯周病の悪化
    などに繋がると考えられています。
    あと、口腔内だけではなく口腔周囲の咬筋、側頭筋などの
    咀嚼筋の痛みも出やすいのです。
    痛いのを我慢してたら肩や首まで痛くなるケースもあるのです。

    TCHによく見られる口腔内所見として
    舌の脇に歯跡
    頬に白線
    下顎隆起
    咬耗(歯のすり減り)
    くさび状欠損(歯と歯ぐきの境目にできた三角形の凹み)
    など
    このような所見をお持ちの方が意外と、多いのです。
    次回は治療方についてお話ししたいと思います。

    TCH(上下歯列接触癖)について①

    2018年12月24日

    TCHとは、2000年に木野孔司先生と杉崎正志先生に名付けられました。
    ”Tooth Contacting Habit”の略で、上下歯列接触癖と言われています。
    うちにいらっしゃる患者様にも、このTCHという症状を多く見受けられます。

    よく聞く歯ぎしりと食いしばりを思い浮かべますが、実は全くの別物なのです。

    では、なんなの!?

    一応定義は、「安静時であっても、上下の歯が接触し続ける癖」と言われています。

    原因としては
    パソコンやスマホなどの長時間操作
    家事や勉強
    テレビを見ている時
    など集中している時に、無意識に歯と歯が接触している
    仮に、1時間のパソコン作業の間で、TCHがあったのなら、歯に4日分の負担をかけていることになります。
    そんなに負担がかかってるんですね。
    では、どういう障害が出てくるか、、
    次回は、それについてお話したいと思います。

    はじめまして!

    2018年12月13日

    こんにちは。
    院長の玉岡です。
    このブログでは、院長からスタッフまで、それぞれ日々の生活や診療で感じたことや勉強会参加のこと、もちろん歯科に関することも発信していきたいと思います。

    ブログをはじめます

    2018年12月6日

    よろしくお願いいたします