ブログ|中延の歯科・歯医者なら荏原中延ファミリー歯科

  • 電話
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 虫歯にならないために・・・

    2021年7月23日

    こんにちは、
    今日は、虫歯にならないためにすべきことについてお話しします。
    実は日頃のちょっとした心がけで、虫歯の予防になることが可能です。
    まず虫歯ができる流れについて説明していきます。
    虫歯の進行というのは、ミュータンス菌ていう虫歯の原因菌が酸を出すことにより、溶けて広がって進行していくのです。ではなんで酸を出すか。虫歯菌は糖分をエサにするからです。そのため飲食後の食べかすが残っていると、そこから
    歯の表面からカルシウムが溶け出し、虫歯がはじまるのです。この初期の状態をいわゆる脱灰といいます。しかし脱灰は修復が可能で、唾液に含まれる成分で補うことができます。これを「再石灰化」と言い、私たちの口の中で、脱灰と再石灰化を繰り返しています。脱灰と再石灰化のバランスが崩れた時に、虫歯へと進行してしまうのです。 

    虫歯にならないためのポイント
    ○自分に合った歯ブラシを使い、正しい歯磨きをしましょう。
    ○歯ブラシ以外のフロスや歯間ブラシを使うこと。
    ○炭酸飲料など糖分をたくさん含んでる飲食はあまり接種しすぎないこと。
    ○起床後と就寝前は、歯を磨くこと→ 就寝中は唾液の分泌が減り、細菌が増殖しやすいので、
    寝る前にしっかりと歯を磨いて口内の細菌を減らすことが肝心です。
    ○よく噛んで唾液を出すこと

    以上虫歯にならないためのポイントをお伝えしましたが、
    虫歯が進行してしまうと歯を削らなければ治らないていう事態になりかねません。それに歯はいちど削ると二度と元に戻りません。
    虫歯にならないよう、食生活や生活習慣に気を付け、定期的な検診をうけましょう。

    歯科検診の重要性について

    2021年7月11日

    こんにちは、荏原中延ファミリー歯科の玉岡です。

    今日は定期検診の重要性についてお話ししたいと思います。

    歯の検診を受けることにより虫歯や歯周病にかかってるかどうか、現状を把握することで、いまどういう状況かがわかると思います。早期発見、早期治療が望ましいですが、何よりも健康な状態が一番ですので、ぜひ定期的に歯科検診を受けましょう。
    あるデータでは悪化した虫歯や歯周病や義歯といった治療費よりも定期的に歯科検診を受けて予防していくほうが治療費を抑えらるといいます。
    定期検診を定期的に続けていくことにより数年後数十年後のお口の中の状態が変わってきます。未来の自分への投資と考えて定期検診を積極的に受けましょう

    区の歯科検診

    2021年6月20日

    こんにちは。荏原中延ファミリー歯科の玉岡です。

    毎年6月1日から翌年3月31日まで、品川区にお住まいの方に受けていただける成人歯科健診およびフッ素塗布(3歳児)を実施しております。

    健診では、虫歯の有無、歯茎の状態、噛み合わせ、粘膜状態、顎のチェックなど、行っています。

    また、健診の際、ご希望があれば、無料で歯の表面の汚れを除去することもできます。

    対象者
    年度内(4月から翌年3月まで)に20歳・25歳・30歳・35歳・40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳になる区民の方

    費用 
    無料

    新型コロナウイルスについての対策

    2020年4月12日

    患者様各位

    いつも荏原中延ファミリー歯科にご来院いただき誠にありがとうございます。
    《新型コロナウィルス対策》についてお知らせがございます。

    政府より新型コロナウィルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。

    これを受け、荏原中延ファミリー歯科では、新型コロナウィルス感染拡大抑止のため、患者様同士が密集密閉した環境にならないように配慮し、入り口は開放したまま、歯科医院前の入り口の外でお待ち頂くことになる場合もあります。
    また、スタッフは全員マスク手袋、ゴーグル、フェイスマスクなどを着用し、普段より治療ごとに器具などは毎回消毒・滅菌を徹底しております。
    このように最大限の感染予防を行いながら、現時点では診療を続けて参ります。

    なお、ご来院頂いた全ての患者様が安心して治療を受けて頂けるように、患者様自身にも来院時の手指消毒にご協力頂き、ご来院当日は感染拡大防止のため、極力マスクの着用をお願い致します。

    またキャンセルを迷われている患者様もいらっしゃるかと思います。キャンセルご希望の場合は、お電話をしていただければ大丈夫です。まずは、ご自身や周りの方の体調などを確認し、ご来院の判断をしていただければと思います。

    患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い

    2020年4月9日

    下記のいずれかの要件を満たす方は、来院前に最寄りの「帰国者・接触者相談センター」または医科にご相談くださいますようお願いします。
     
    ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
    ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

     
    歯科での治療はお口を開けておこないますので 熱が出ていない場合でも咳などの症状がある際は無理な受診はせず、症状が落ち着いてからの受診をおすすめしております。
    その他、過去1カ月以内に海外への渡航歴がある方や健康状態に不安がある方は受診前にお電話にてご確認いただけますようお願い申し上げます。
     
    また、当院では全スタッフが感染予防の為ゴーグル、マスク、グローブを着用させて頂いております。
    院内では各所のアルコール消毒や空気清浄機を設置し、院内環境を清潔に保っております。
     
    患者様に安心してご来院いただくために、より一層の衛生管理の徹底を行って参ります。
     

    お盆休みのお知らせ

    2019年8月11日

    8/12-8/14

    休診させていただきます。
    宜しくお願い致します。

    7/25(木)の診療について

    2019年7月24日

    明日7/25は、セミナー出席のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

    フッ素塗って虫歯予防しましょう!

    2019年5月26日

    フッ素には虫歯を予防する効果があり、乳歯が生え始める1歳頃から定期的に継続して受けることが大切です。 乳歯や生えてきたすぐの永久歯は、大人の歯ほどの硬さがないため、食べ物や飲み物の酸で溶けやすくなっています。 さらに、完全な硬さになるまでには1年ほどかかるため、フッ素で虫歯を予防することは大変重要です。 フッ素塗布は、指定医療機関の歯科医院であればどこでも受けることができます。 フッ素塗布の効果は
    1、虫歯予防効果30-70%
    2、歯の構造を強くする
    3、歯の表面修復をする
    4、虫歯菌が酸を作るのを抑制する
    5、プラーク形成抑制をする
    効果を最大限に引き出すためには、半年に1回は継続的に塗布することが良いとされています。 当院でも、フッ素塗布を積極的に推奨しております。 フッ素塗布は保険でできますので、是非お子様の将来の大切な歯、口腔内環境を守るべく当院にいらしてください。

    インプラント手術時の麻酔について

    2019年4月27日


    当院では、インプラントなど手術時に希望があれば静脈内鎮静法を用いてリラックスしたまま治療を受けることが可能です。

    静脈内鎮静法とは 点滴を使って静脈に麻酔薬を入れ、意識をぼんやりとさせることで、歯科治療で感じる不安や恐怖を和らげ、刺激などを感じにくくする方法です。 全身麻酔のように全ての意識が完全になくなることはあまりありません。 その方にもよりますが、通常、歯科医師などから大きな声で呼びかけられた場合には理解ができ、意思表示をしたり、会話をしたりすることも可能です。 感じ方は人それぞれですが、多くの方は、記憶はやや曖昧になり、うたた寝をしてまどろんでいるような感じや、お酒を飲んでほろ酔い状態のような感覚になります。
    ■不安を取り除いた無痛治療 歯科治療においては、治療を怖がる方や刺激に弱い方向けに無痛治療を提案する歯科医院が増えております。 無痛と言っても技術的に痛みや刺激なく治療ができるのではなく、麻酔医によって軽度の麻酔をかけ、意識をふんわりさせて痛みや刺激が感じにくくするという方式です。 実際、無痛にするためには、普段歯科治療で用いる口の中にうつ注射の麻酔が左右します。 これに対して、静脈内鎮静法は静脈に直接、麻酔薬を投与するので、より確実な鎮静効果が出ます。 笑気吸入鎮静法では麻酔が効かなかった方や、恐怖心がぬぐいきれなかったという方に有効です。
    ■利用する際の注意点 効き目が強い分、静脈内鎮静法を使って歯科治療を行う場合には一定の制限や注意点がございます。 まず、治療中に麻酔の副作用による嘔吐で窒息などしないよう、治療時間の6時間前から飲食物の摂取が制限されます。 水のみ2時間前まで摂取可能です。 治療後はすぐに帰ることはできず、ふらつきがなくなり自力歩行が可能になれば帰れます。 個人差はありますが、だいたい麻酔薬投与中止後15分から30分くらいで目覚め歩行可能になる方が多いです。 そのほか、嘔吐がなく、血圧などの数値に異常がないことを確認してからの帰宅となります。 ただし、完全に麻酔薬が体からぬけるまでには時間がかかるため、当日はご自身での自転車や自動車の運転は危険なので禁止となります。 ですので、麻酔後お帰りの際は、徒歩、タクシー、公共交通機関などをご利用ください。 詳しくは当院麻酔科医にご相談ください。

    ☆GWの診療日のお知らせ☆

    2019年4月21日


    5/1-3のみお休みさせて頂きます。
    その他は通常診療致します。

    4/28 通常診療
    29 通常診療
    30 通常診療
    5/1 休診
    2 休診
    3 休診
    4 通常診療
    5 通常診療
    6 通常診療

    ご不便ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    1 2